こんにちは!祐太です。

今回の記事は、Googleアドセンス審査を通過するために審査用ブログで、

  • どのように記事ネタを探せばいいのか?
  • タイトルはどう付けたらいいのか?

こういった疑問について解説していきます。

もしあなたも、これからアドセンス審査に向けて審査用の記事を書き始めようとしているなら、ぜひこの記事を最後まで読んで参考にしてみてください。

 

審査用ブログの記事ネタとタイトルライティング!抑えるべき注意点は?

 

審査用ブログの記事ネタを探すには?

審査用ブログで書いてく記事ネタは、ブログのテーマとカテゴリーに沿ったものを選んでいきます。

例えば、テーマが「旅行」だとしましょう。

そして、「お土産」のカテゴリーで記事を書いていく際実際に購入したお土産やランキングサイトからネタを見つける方法もあります。

一番いいのは、実際に自分で購入したお土産について書いていくのがいいですが、自分がお土産を購入したことがなくても大丈夫です。

その場合は、きちんと世間の評価を確認した上で、記事を書いていけば問題はありません。

ただし、否定するような記事内容だと評価が下がるので、絶対に避けるようにしましょう!

 

審査用ブログの記事タイトルの作り方

審査用ブログの記事タイトルを作る際、タイトルが短かったり、記事内容と異なるものはNGです。

祐太
ここで良くないタイトルと良いタイトルの例を出していきますね!
良くないタイトルの例
千葉の落花生パイがオススメ!
良いタイトルの例
千葉の落花生パイが美味しい!味の評価や口コミはどう?

タイトルの文字数は24〜32文字以内で作るようにしましょう。

記事の内容が分かるようなタイトルを作るのがポイントになります。

 

審査用タイトルの注意点

審査用ブログで記事タイトルを作る際、主語を変えただけの類似したタイトルは避けるようにしましょう。

類似したタイトルの例
  • 千葉の落花生パイが美味しい!味の評価や口コミはどう?
  • 千葉の落花生煎餅が美味しい!味の評価や口コミはどう?

タイトルが似てしまうと、重複コンテンツと判断され、アドセンス審査を通過できない可能性が出てきます。

なので、全てのタイトルが似ないように注意してください。

 

審査用の記事を書くポイント

祐太
審査用ブログで記事を書く際のポイントをまとめました!
ポイント
  • 記事の見出し(各章のタイトル)を2〜3個に分けて作成する
  • 記事の文字数は2000〜2500文字程度が望ましい
    一次情報(オリジナル情報):1500〜1800文字程度
    二次情報(誰が書いても同じ情報):500〜700文字程度
  • コピペは絶対にNG!
  • 記事の大事な部分には赤字やマーカーなどの文字装飾をする
  • 記事内に掲載する画像は著作権フリーの画像を必ず使用する

記事の見出しは最低でも2つ以上は作りましょう。

文字数に応じて、見出しが4つになってもOKです。

 

そして、

どのくらいの文字数が必要ですか?

こう言った質問をよくいただきます。

記事の文字数に正解はありませんが、最低でも2000文字はあった方がいいと思います。

ちなみに、文字数は3000文字を超えてもOKです。

ただし、ダラダラと書いても意味がないので、必要な情報だけを書いていきましょう。

最近の傾向だと、一次情報が多くある記事が評価されやすくなっています。

なので、自分が体験して分かったことなどを盛り込んで、一次情報をたくさん入れていきましょう。

 

これは言うまでもなく、他の記事をコピペする行為はNGなので、絶対にやらないようにしてください。

コピペしてなくても、二次情報が多いとコピペ率が高くなるので注意が必要です。

 

とても悲しいですが、読者は一字一句読んではくれません。

大半の人は、スクロールしながら流し読みするので、目に留まって欲しい言葉には、赤字や黄色のマーカー引くなどの装飾をして強調させましょう。

 

最後に、記事内に貼る画像は、必ず著作権フリーの画像を使用するようにしてください。

アドセンス審査のときは、フリー素材のイラスト画像を使用すると良いので参考にしてみてください。

参考ページ
フリー素材のイラスト画像をダウンロードするなら、以下のサイトがオススメです。
いらすとや
あわせて読みたい
以下の記事で、審査用ブログの記事の書き方について詳しく解説しています。
これからアドセンスを取得したい方にオススメ!
【2020年版】Googleアドセンス審査に合格するまでの手順を徹底解説!

 

まとめ

祐太
いかがでしたか?

 

審査用ブログで記事タイトルを考えるときに、文字数が少なかったり、適当な感じになってしまうと、それだけで審査を通過することが難しくなったりします。

また、ご紹介した記事を書くポイントも大事になってくるので、十分に理解した上で取り組んでいただければと思います。

 

それでは、今回の記事はこれで以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

  

 

おすすめの記事